男性心理、女性心理、恋愛心理など仕草から読み取る人間の心理状態を徹底解説!

心理学で見る嘘をついたときのしぐさ

スポンサーリンク

嘘を見破れる人間になりたい、そんな風に思ったことはありませんか?

 

嘘をつくというのは高等な脳の働きが必要で、心理学的に見ても嘘をついている人間の内面は複雑な動きをしています。

 

ここでは、心理学的に嘘を見破るための方法について説明したいと思います。


心理学では嘘をつくと人間の体の上のほうか嘘をついたサインが出ると言われています。

 

目線、口、腕、足、それぞれの部位に嘘をついたサインが無意識に表れるとされ、嘘を見破るにはそれらの部分のサインを見逃さないようにしなければいけません。

 

ここでは、それぞれの部位の嘘をついたときのサインについて順に紹介します。

スポンサーリンク

まず、最も初めに表れるのが目とされています。

 

嘘をついた際、女性の場合は目を精一杯開いて相手の目を見て話すとされ、男性の場合は目線を逸らして話します。

 

また、口は下唇を噛んだり、唇や首を手で触ったり掻いたりすることも多くなります。

 

嘘をついたときは落ち着きがなくなるため、足を組んだり、揺すったりすることもあります。


嘘をついた人間は本能的に逃げやすくなるのも特徴です。

 

これは嘘を見破られないようとする無意識の働きで、心理的な防衛本能の表れとも言われています。

 

特に嘘が見破られかけると一層とその傾向が強くなり、体や目線を嘘をついた人間から逸らし、話を早く切り上げようとします。

 

人間関係では嘘がつきもの、自らの身を守るためにも心理学を利用した嘘の見抜き方を身に付けてみては如何でしょう?

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加