男性心理、女性心理、恋愛心理など仕草から読み取る人間の心理状態を徹底解説!

匿名性と人間心理の関係とは?

スポンサーリンク

インターネットが発達した昨今、ネットを利用している人は多くいらっしゃると思います。

 

しかし不特定多数のネットの世界では、多くの主義主張な人がいるためトラブルも絶えません。

 

特に、ネットは匿名性があるため普段とは違った心理状態になります。

 

ここでは匿名性と人間心理の関係とネットマナーについて説明したいと思います。


有名な心理実権に「アッシュの同調実験」と言うものがあります。

 

社会を形成する上で、人間は他者と協調し、同調し組織や社会を構成します。

 

この実験では、顔を隠し、声も聞こえず相手が誰か分からない匿名状態でパネルを使い多数決を取ると言うものでした。

 

実験ではサクラを使い意見の誘導を行っていましたが、匿名化した場合、匿名化していない場合に比べて意見が別れ同調率が下がったと言います。

スポンサーリンク

これは協調率や同調率が下がりましたが、言いかえるならば集団心理に流されず個性が出てきたと言えます。

 

匿名化されていない場合、人間は集団心理に流されやすく、アッシュの実験でも、間違った質問状態でも集団心理に流されるという結果が現れています。

 

しかし、一方で匿名化すると自分の意見を通すために攻撃的になるという結果も現れています。

 

ネットではこれらの心理状態が反映され、それぞれ個性的な意見が現れている反面、人の言葉は攻撃的になりがちです。


また、通販サイトでも口コミで意見が偏り、イメージ誘導を行っている部分もあるため注意しましょう。

 

ネットをする際は不特定多数の人間が集まる場所で個人情報を晒さないように注意し、相手の意見を頭ごなしに否定するのは止めましょう。

 

また、相手に強い言葉で攻撃された場合も、力任せに反撃するのではなく、話を一度打ち切り双方落ち着くようにするといいでしょう。

 

ネットマナーを守り、快適なネット生活を送りましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加