男性心理、女性心理、恋愛心理など仕草から読み取る人間の心理状態を徹底解説!

手の動きと人間心理の関係とは?

スポンサーリンク

手の動きというのは実に多彩です。

 

末端神経は触覚としても働くため敏感で、複雑な動きをする手は第二の顔とも言えます。

 

実際に芸術家の方は手はとても表情に富んでいるといい、様々な手をモチーフにした芸術品が存在します。

 

ここでは、心理学を利用して手の動きで分かる人間心理を説明したいと思います。


人間は感情を表す際に、全身を使って表します。

 

笑顔や涙はその一部にしか過ぎず、イライラしたときに足を揺すったり、思わず感心したとき手を叩いたりするなど顔だけに限らず感情は全身で表されます。

 

手が口や首を掻いている場合は、不安やストレスがある状態で落ち着きのない心理状態となっています。

スポンサーリンク

会議や面接のときなど、机がある場合も手の動きは重要な要素を持っています。

 

机の上に手を置いている場合は、相手の話に興味を持っており、机の下に置いている場合は消極的で退屈だと思っています。

 

また、手は握手の場合も重要な意味を持っています。

 

握手のときに手に力が入っていない場合、話に乗り気がない、警戒心が強い状態であると言えます。


また、手は相手に触れる際にも重要な意味があります。

 

ボディタッチは心理学上とても相手に心を許した状態であるとされ、ボディタッチを嫌がらない人間はあなたに心を開いているとされています。

 

また、手がだらけて伸ばしていたり、頭の後ろに乗せていたりするときは心理的にリラックスしている状態で、相手に対して警戒心を抱いていないとされます。

 

手の動きを見て相手とのコミュニケーションを円滑にしましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加