男性心理、女性心理、恋愛心理など仕草から読み取る人間の心理状態を徹底解説!

睡眠と心理状態の関係

スポンサーリンク

睡眠は人間にとってなくてはならない時間です。

 

睡眠時間が短くなると体に様々な不調を与えるため平均6時間以上の睡眠が推奨されています。

 

しかし、うつ病などを発症すると不眠状態になったりし、眠れなくなる日が続きます。

 

このように心理状態と睡眠には深い関係があり、ここではその関係について説明したいと思います。


睡眠はただ疲労回復させるだけではなく、ホルモン分泌やストレス解消などたくさんの役割を担っています。

 

しかしうつ病になった場合、中枢神経の乱れが安眠を妨害し、眠れなくなる状況を作り出します。

 

これは寝不足などと違い、眠たくてベッドに入ったとしても眠りにつくことができず、延々と置き続けているというものです。

 

この状態が続くと心理状態が不安定になり、急に落ち込んだり、逆にテンションが高くなったりと躁鬱状態になる危険があります。

スポンサーリンク

また睡眠する時間も重要です。

 

人間は脳内物質やホルモンのバランスを保って心理状態を健康に保っていますが、睡眠時間が不足するとこれが乱れる可能性があります。

 

また、夜寝て朝起きる生活は、朝の陽の光を浴びることで体内時計がリセットされ、心理状態も明るくなり規則正しい生活を送りやすくなるといった点があります。


このように睡眠は心理状態の健康を守る上でも欠かせず、人間にとってなくてはならないものです。

 

規則正しい生活を送り、寝不足とは関係のない快適な生活を送るためにも、十分な睡眠時間を取りましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加