男性心理、女性心理、恋愛心理など仕草から読み取る人間の心理状態を徹底解説!

食事と人間心理の関係とは?

スポンサーリンク

人間にとって食事は生きていくためにも必須の行為です。

 

基本的に人間は欲求が満たされると快感あじわう生き物ですが、三大欲求を満たしたときはその比ではなく特に強い幸福感を感じます。

 

これは心理学でも証明されており、心理学では食事には「緊張緩和の効果」があるとされ、美味しいものを食べているときは特に心が開かれているとされます。

 

ここでは、食事と人間心理の関係について説明したいと思います。


アメリカの心理学者ジャニスは、被験者に難解な説得文を相手に聞かせその反応をうかがう実験を行いました。

 

その後、食事をしながら説得文を聞いたグループはそうでないグループに比べて肯定的に説得を聞き入れたという結果になりました。

 

この実感は有名で、ビジネスライフ関連の書籍でも、上司や取引先の接待に食事を出来るところに誘い交渉を行う手順が記されているほどです。

 

また、これは恋愛にも応用可能で、女性を食事に誘う際は相手に好印象を与える絶好のチャンスにもなります。

スポンサーリンク

特に女性を誘う場合は、女性は空腹感が恋愛と深く結びついていると言われているため食事に誘うのは有効です。

 

これは女性の脳の働きによるもので、食欲を司る摂食中枢が恋愛を司る性欲中枢と影響しあっており、どちらかが活発になると片方が大人しくなるためだと言われています。

 

また社会人の方は、日が落ちて働きづめでちょっと遅い夕食のときはチャンスとなっています。


食事はコミュニケーションの一つとも言え、人間社会に根ざしているため心理学とも深い関係があります。

 

美味しいものを食べて、円満な対人関係を築きましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加