男性心理、女性心理、恋愛心理など仕草から読み取る人間の心理状態を徹底解説!

視線で嘘を見破る人間心理とは?

スポンサーリンク

人とのコミュニケーションをとる際、言葉以上にその本心を語るのが視線です。

 

「目は口ほどに物を言う」と言うように視線の動きはそのまま心の内を表しています。

 

ここでは視線から読み解ける人間心理の状態について説明したいと思います。


人間は嘘を付く際、視線にそれが出てきます。

 

この嘘を付く時の反応は男女によって違い、男の場合は視線をそらし、女性の場合は相手の目をしっかりと目を見つめると心理学的には言われています。

 

これは男女によって感性の違いが反応の違いを生んでいるとされていますが、嘘をつく際に人間の脳は左脳が活発化し視線が動くとされています。

スポンサーリンク

また心理学的に人間は不安やストレスを感じると無意識にまばたきが多くなります。

 

通常時は3秒に1度ほどの頻度でまばたきを行っていますが、嘘をつくと「見破られるかも」と人間の心理は不安を感じまばたきが多くなります。

 

まばたきの乾きはそのまま緊張状態にあるため、表情の動きがぎこちなくなるため注意深く観察してみるといいでしょう。

 

特に談笑している最中でも、口元が笑っているのに目が笑っていない場合は隠し事や後ろめたいことがある可能性が大きくあります。


このように視線と人間心理は密接な関係があり、会話のときの視線の動きによって嘘を見破ることができます。

 

世の中には笑顔で近づき人を騙すことで利を得ようとする人は少なくありません。

 

自分だけではなく周りの大事な人を守るためにも、嘘を見破ることで自分の身を守りましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加