男性心理、女性心理、恋愛心理など仕草から読み取る人間の心理状態を徹底解説!

休日の過ごし方で分かる人間心理

スポンサーリンク

休日、仕事も家事も学校も何も予定のない日は如何お過ごしですか?

 

実は休みの日の過ごし方で人間の心理は大きな変化を起こします。

 

ここでは休日の過ごし方がどう心理状態に変化を与え、どのように過ごせば良いのか説明したいと思います。


よくダイエットや健康に運動は大事とされていますが、心理的な健康を守る上でも重要な役割を占めています。

 

定期的に運動をする方は運動をしない方に比べて、うつ病になる確率が7分の1以下になると言われています。

 

女性に限って言えばその確立は15分の1以下になるとされ、心理的健康を守る上でも重要視されています。

 

また、運動をする方はエネルギッシュで楽観的な人が多く、ストレスを溜めにくい多かったと実験で証明されています。

スポンサーリンク

特に女性は家事や育児とインドアに陥る傾向が高く、休みの日は家で寝ているという方も多く、運動は重要となってきます。

 

また別の実験では、アウトドア派の人よりもインドア派の人のほうがうつ病患者になりやすいという実験結果があります。

 

家に篭もりがちの場合、変化が乏しくルーチンワークになりがちなため幸福感が低くなりがちなためだと言われています。


そのため、運動不足の方はウォーキングなどを1日1時間からはじめ、少しずつ運動を始めてみるといいでしょう。

 

また、ドライブなどで普段行かない場所を巡ってみるのも効果的です。

 

人間は環境に適応する生き物なため、普段と違った環境に置かれるとそれを取り入れようと脳が活発化するためストレス発散などに効果的です。

 

その時、温泉や買い物など自分の趣味に沿ってドライブを行うと一石二鳥に心理ケアを行うことができます。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加