男性心理、女性心理、恋愛心理など仕草から読み取る人間の心理状態を徹底解説!

車の色で分かる人間の心理とは?

スポンサーリンク

男性は特に車にこだわりを持っていますよね。

 

性能や色、できるだけ自分好みのものを揃えたいという欲求はあると思います。

 

色彩心理学では、そんな車の色で人間の性格や気分が分かります。

 

ここではそんな車の色と人間心理の関係について説明したいと思います。


車は一般人にとっては大きな買い物、性能や色には散々吟味すると思います。

 

こういう大きな選択肢で色を選ぶ際には色彩心理学では性格が現れるとされています。

 

また、色には人の心理を左右する働きがあり普段から乗車する方やデートなどでドライブする際にはこの車の色で気分が大きく左右することがあります。

スポンサーリンク

色のタイプは大きく5つに分かれ、まず黒は堅実的で人と接するのが苦手な人が多いそうです。

 

赤は情熱の赤と言われる通り活発的で前向きな方が多く、人の気分を積極的にしてくれます。

 

青は落ち着いた色で、実際に夜の街灯を青にするだけで犯罪発生率が減ったというデータがあり、気分の高揚を鎮める働きがあります。

 

黄色は子供っぽく好奇心が多い明るい方が多く、白はロマンチストな方が多いそうです。


またこれら以外にも緑にはリラックス効果が、ピンクには人に甘えたくなる気分になる傾向があり、色の組み合わせを効果的に使うことで心理状態を操作することができます。

 

自分の車の色を見ることで自分の性格や気分の傾向を把握し、服装などの色を利用して他人からの印象を大きく変えることができます。

 

これから車を買うという方も、色による心理的変化を参考にしてみては如何でしょう?

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加