男性心理、女性心理、恋愛心理など仕草から読み取る人間の心理状態を徹底解説!

心理学で見る好感度が分かるしぐさ

スポンサーリンク

気になるあの人は自分のことをどう思っているのか?

 

恋愛に頭を悩ませる人なら誰でも頭をよぎる疑問ですよね。

 

目に見えない好感度ですが、心理学を応用すればある程度分かってきます。

 

ここでは、心理学を使った好感度の調べ方を説明したいと思います。


人間の好感度を計る上で最も分かりやすいのが彼我の距離です。

 

人間にも動物が持つような防衛本能は存在しており、気を許していない存在が身近にくると無意識下でそれらに対して警戒します。

 

これは心理学で「パーソナルスペース」とも呼ばれますが、相手に触れ合う距離まで近づいて反応を見てみると分かりやすいでしょう。

 

相手が避ける素振りや視線を逸らすような仕種をすると相手はまだあなたに警戒しており、何の反応もない場合、あなたを警戒しておらず心を開いています。

スポンサーリンク

また、プライベートな話をしている際、相手の姿勢にチェックしてみるといいでしょう。

 

人間は上記にもあるように心を開いてない相手には無意識下で警戒する生き物、自分でも気づかないレベルで肩や足に力を入れて警戒することがあります。

 

そのため、会話中に相手が本当にリラックスした姿勢ならば、かなりあなたを信頼していると言えます。


また、人間心理学には単純接触の原理と言い、こまめに回数を重ねて相手に接触することで好感度を上げる原理が存在します。

 

相手に近づき好感度を調べるついでに、さり気ない会話や接触は相手の好感度を上げることができるため一石二鳥となっています。

 

心理学を利用した好感度調査法を使い、気になるあの人との距離を縮めてみては如何でしょう?

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加