男性心理、女性心理、恋愛心理など仕草から読み取る人間の心理状態を徹底解説!

聞き間違いと人間心理の関係とは?

スポンサーリンク

普段仕事や家事と多忙な方の中には言い間違い、聞き間違いをよく行いませんか?

 

このちょっとした間違いは心理学では錯誤行為と言い、オーストリアの心理学者であるフロイトは人間心理と錯誤行為の間には重要な意味があると提唱しました。

 

ここでは、聞き間違いなどの日常のちょっとしたミスと人間心理の関係について説明したいと思います。


ミスの少ないテキパキと仕事をこなす要領のいい人でも、疲労が溜まった状態や興奮状態では錯誤行為が多くなることがフロイト以前からも言われていました。

 

しかし、フロイトはこれに更に一歩踏み込み、言い間違え、聞き間違えは人間の持つ一種の防衛本能が現れているのではないのではないか?と考えました。

 

人間は嫌な思いをするとそれを懸命に忘れようとし、無意識下でそれを忘れようとします。

 

この働きによって無意識下での嫌な思いをするキーワードを避けようとする働きが、錯誤行為を引き起こすとフロイトは提唱しました。

スポンサーリンク

この、フロイトの錯誤行為は長年、日の目を浴びていませんでしたが、近年、注目を浴びており、新しい精神医学のための心のモデルを打ち出すための基礎となっています。

 

人間は嫌な思いをするとそれを無意識下で避けるのは防衛本能の現れでもあります。

 

そのため、人は年齢を重ねるほど、経験を重ねる分、失敗による危機も経験するため、年齢を重ねるほど錯誤行為は多くなると言われています。

 

特に、高齢の方は、経験以外にも体の衰えや病気から注意散漫になるため錯誤行為が多くなる傾向があります。


もし、自分は聞き間違え、言い間違えが多く、不安だと思っている方は一度、ゆっくり休み、気分を整え落ち着かせましょう。

 

上記にもある通り、疲労や緊張で錯誤行為を及ぼしている可能性があるため一度ケアしてみるといいでしょう。

 

また、それ以外でも錯誤行為を起こしている場合は、一度、心理的なケアを行うためにカウンセリングを受けることをオススメします。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加