男性心理、女性心理、恋愛心理など仕草から読み取る人間の心理状態を徹底解説!

顔に手を当てたときの人間心理とは?

スポンサーリンク

焦ったときや不安に陥ったときなどに口の中がカラカラに乾いた経験がありませんか?

 

これはストレスによって口の中の唾液が少なくなるため起きる現象ですが、このように体中に無意識下で様々な動きが起きます。

 

ここでは、無意識下での体の動きを心理学を通じて説明したいと思います。


顔付近を手を当てることはよくあると思います。

 

友人と談話中でも無意識に顔を触っている経験をしたことはありますよね。

 

この顔を触るのは心理学上大きな意味が隠れており、触っている場所や触り方によって大きな意味が存在しています。

スポンサーリンク

口を触れている場合は乳幼児が母親から乳をもらったときの名残や何か欲しい、甘えたいという心理が隠れています。

 

耳を触ったり、首を掻たりしている場合は、話に集中できておらず、苦手意識が出ています。

 

頬や頭を掻いている場合は、落ち着かず心を静めたいと思っています。

 

最後に鼻を触る際は不安を感じていることが多く、特に鼻を強く掻いた場合は嘘などを隠そうと必死になっている心理状態です。


顔に手を当てている状態と言うのは全体的に落ち着かず、相手に表情を見せたくないという気持ちが多いようです。

 

このように顔に手を当てた部分を見るだけで、相手が今どんな気持ちなのか把握することができます。

 

相手が今どんな気持ちであるか分かることで無用な衝突を避けられコミュニケーションをもっと円滑にすることができるでしょう。

 

あなたも心理学を利用して身近の人とのコミュニケーションをもっと広げてみては如何でしょう?

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加