男性心理、女性心理、恋愛心理など仕草から読み取る人間の心理状態を徹底解説!

部屋の色と人間心理の関係

スポンサーリンク

心理学では人間の人格形成は、視覚や聴覚から得られる情報によって形成されるとされています。

 

そのため、人間の生活環境の構築は心理学上重要な意味を持ち、色を生活空間に取り入れる風水は、実際に心理学的に効果があると証明されています。

 

ここでは、生活空間に使われる色と人間心理の関係について説明したいと思います。


赤は人間の本能に最も反応する色と言われており、実際に赤いものを見ると人間の体温は上がり、精神的に落ち着かなくなるということが判明しています。

 

赤いものは落ち着かないため、寝室などに置くのは控え、冬場など寒いときに赤い布団やインテリアを置くと効果的です。

 

赤と逆の性質を持つのが青色です。

 

人間の感情を鎮め、呼吸を穏やかにする働きがあるため寝室や居間などに青を基調としたインテリアを心がけると良いでしょう。

スポンサーリンク

緑は、自然の色と言うイメージ通り、調和のシンボルとなる色でもあります。

 

優しい緑の色には人間の精神をリラックスし、安眠などの手助け効果もあるため、ベッドや布団に緑色のものを取り入れるのもオススメです。

 

また、赤と似て非なる効果を持つのがピンクの色です。

 

赤色のように強くなく優しく穏やかなピンクには誰かに優しくしたい、甘えたいとコミュニケーションを助長する働きがあります。


このように色の使いようによって人間の心理状態は大きく変わるため生活空間に色を取り入れて、快適な生活を送ってみては如何でしょう?

 

ちょっとしたインテリアや小物、ポスターを貼るだけでも部屋のイメージは大きく変わります。

 

あなたの快適生活に色は如何ですか?

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加