男性心理、女性心理、恋愛心理など仕草から読み取る人間の心理状態を徹底解説!

ギャンブルをする人の心理状態とは?

スポンサーリンク

先日、携帯やスマホで出来るソーシャルゲームのガチャに規制がかかりました。

 

ガチャとはリアルマネーを払うことでゲーム内のアイテムやデータをランダムで買うシステムのことで、人によっては毎月何万円も買う人がいたそうです。

 

手に入れるアイテムはランダムで何が手に入るか分からないため人の射幸心を煽り、携帯の普及で子供たちにも被害が及ぼしていることから規制対象になりました。

 

このようにギャンブル性があるものは射幸心を煽り、人間心理に深い関係を及ぼしています。


ここでは、ギャンブルと人間心理の関係について説明したいと思います。

 

ギャンブルと言うものは基本的に全て胴元が儲かる仕組みになっており、楽して稼ぐことはほぼ不可能と言えます。

 

そのためギャンブルは勝ち負けを楽しむものと割り切って遊ぶのが正しい遊び方で、勝ってお金を稼ぐというギャンブラーは身を滅ぼすタイプと言えます。

スポンサーリンク

また、ギャンブラーの心理としてギリギリのスリルを楽しむというものがあります。

 

これにより勝った場合、脳内に分泌された興奮物質と相まって高い幸福感を得、自分は運が良い、選ばれた存在だと全能感が支配し更にギャンブルをする心理へと向かいます。

 

逆に負けた場合も、負けた際の後悔や損失額に目を向けるのが怖くて勝って取り替えそうと目の前のギャンブルに飛びつき悪循環に陥ることがあります。

 

このようにギャンブルと言うのは感情の上下による心理的な中毒度が高くなっています。


ギャンブルは遊びと割り切り、利益と損失があるラインより上回らないように予め決めておくといいでしょう。

 

株取引にも使われますが指値と言い、指定した値段で売り買いすることで損を防ぐ仕組みがありますがそれと同じように予め損をしない取り決めをし、節度を守りましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加