男性心理、女性心理、恋愛心理など仕草から読み取る人間の心理状態を徹底解説!

服装で分かる人間心理とは?

スポンサーリンク

きちんと清潔感を保ち、流行の服を着こなすのはファッションでは基本ですよね。

 

実は服装には内外に心理的効果を大きくもたらすことが心理学的に証明されており、意識して衣装を着こなすことで大きな効果が見込めます。

 

ここでは、服装と人間心理の関係について説明したいと思います。


服装が外にもたらす影響とは着ている服を見て相手がどう感じるか?ということです。

 

人間は五感の内、資格からの情報量は8割を占めており、特に初対面の第一印象として服装は大きな割合を占めています。

 

制服、正装である場合はきちんと着こなし髪型、化粧などが調和されているか、などで相手に対する印象は大きく決まり、これを覆すのは難しいとされています。

 

また、私服である場合は薄着や厚着、色によって相手に与える印象は大きく異なってくるため状況に合わせて様々な服を着こなすと効果的です。

スポンサーリンク

また服装が着用者の内、すなわち心理状態に影響を与えることもあります。

 

人間にとって服とは外からの刺激から実を守る鎧のようなものです。

 

そのため、厚着の服装やゴテゴテした装飾などは自分自身の弱っている状態や自信の持てない状態の裏返しとも言えます。

 

実際に服装が厚着になるほど人間は攻撃的になる傾向があることが心理学の実験で証明されています。


仕事で正装がメインで余り服がいじれないという方も、時計やネクタイ、靴下、髪型とちょっとした部分に一工夫いれるだけでも気の持ちようは大きく変わります。

 

また相手の服装をよく観察することで相手の気分が把握でき、コミュニケーションを円滑に行い人間関係の構築を手伝います。

 

服装は最も分かりやすい変化であるため、もし自分や周りの人間関係を変えてみたいと思い悩んでいる方は一度服装を変えて気分を一新してみては如何でしょう?

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加